炭水化物を食べない人の体臭について

炭水化物

地元の友人と、「ランチの会」なるグループを作った。その名の通り、休日の昼時にみんなで集まり、楽しくおしゃべりをしながら美味しいランチを食べましょ、という楽しい会である。

あるとき、一人のメンバーMの隣に座ったときに、「おや?」と思った。何となくその?から、すえたような匂いというか、納豆のちょっとすごいやつみたいな匂いがしてくるのだ。でもそんなこと、本人にはとても言えないので黙っていたのだけど、反対側に座っていた別の友人が、「今ダイエットしてない?」とMに尋ねた。するとMが「どうしてわかったの?」と驚いたような顔をした。するとその友人が、「炭水化物抜いているでしょ?」と聞いた。図星だったらしく、Mは驚いた様子でしきりにどうしてわかったのかと尋ねていた。そうか、確か炭水化物抜きダイエットをすると、体臭がひどくなるって聞いたけど、あれって本当だったんだな、と私は思った。
(参考:ゴーストライターの本音を聞く機会

人間の体は炭水化物を抜くとエネルギー源がなくなるため、脂肪を分解してそれをエネルギーとしようとする。その時に分解された脂肪酸からケトン体という物質が発生して、それが匂いの元になるらしい。この匂いが出ているときは、間違ったダイエットをしているというサインなのだと誰かから聞いたことがある。Mはもうすぐ結婚を控えているからウェディングドレスを綺麗に着こなすために無理なダイエットをしているそうだ。だけど素敵な花嫁から納豆の匂いがしたら、花婿だって幻滅してしまうだろう。過剰に炭水化物を抜くダイエットの恐ろしさをその友人がMに伝えると、Mはランチについていたパンを静かに口に入れ始めた。結婚式まであと3ヶ月もある。きっとこれからは正しいダイエットをして綺麗になり、そしてふんわりといい香りを漂わせて新郎の隣に立つことだろう。